奈良の一家5人死亡火災 殺人などの疑い、父親を容疑者死亡のまま書類送検 県警

 奈良県五條市住川町で2020年5月、子どもを含む一家5人が死亡した民家火災で、県警は13日、殺人と非現住建造物等放火などの疑いで、介護施設職員の父親(当時32歳)を容疑者死亡のまま書類送検した。県警は、父親が子どもらを殺害した後、寝室に灯油をまいて火を付けたとみている。

出典
https://mainichi.jp/articles/20210113/k00/00m/040/081000c

コメント