【今年こそ! 京都 年始インタビュー】(4)「小さな事案も正面から向き合う」 上野正史府警本部長

令和2年は新型コロナウイルスの影響で犯罪認知件数が大幅に減った一方、検挙数は増えた。捜査に割く時間が長くなり、一つ一つの事件にじっくり取り組めるためだ。例えば職…

出典
https://www.sankei.com/west/news/210112/wst2101120026-n1.html

コメント