「この苦しみ分かって」 犠牲警備員の遺族、被害者参加―交番襲撃、14日初公判

「この苦しみを分かってほしい」。2018年6月、富山市の交番で警察官が刺殺され、奪われた拳銃で射殺された警備員中村信一さん=当時(68)=の妻が11日までに取材に応じ、苦しい胸の内を明かした。強盗殺人罪などに問われ、14日に富山地裁で始まる元自衛官島津慧大被告(24)の公判には被害者参加制度を利用して出廷するという。

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011100315&g=soc

コメント