「長男は親不孝者です、1円も相続させません」ができない理由とは? – ぶっちゃけ相続

遺言書があったとしても、自由に遺産を分けられるわけではありません。遺留分(いりゅうぶん)という制度が存在するためです。ポイントを見ていきましょう。

出典
https://diamond.jp/articles/-/256999

コメント