NHK改革で総務省方針、受信料逃れに割増金 テレビ届け出義務は見送りに

 NHKの受信料制度などの見直しに向けた総務省の取りまとめ案が19日、判明した。NHKが要望したテレビ設置の届け出義務や居住者情報照会の制度化は見送る一方、テレビを保有しているのに受信契約締結に応じない支払い逃れに割増金を課す制度を法制化する。公共放送のあり方などについて議論する20日の有識者会議で提示し、来年の通常国会に放送法改正案を提出する。

出典
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/201120/mca2011200641008-n1.htm

コメント