神奈川県がHD18台流出で和解へ 富士通リースが和解金約2370万円支払い

 神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HD)18台が流出した事件で、黒岩祐治知事は20日、HDを含むサーバーのリース契約を結んでいた「富士通リース」(東京都千代田区)が県に和解金約2370万円を支払うことで合意したと明らかにした。25日の県議会に関連議案を提出し、年内に富士通リースと和解契約を結ぶ。

出典
https://www.sankeibiz.jp/workstyle/news/201120/cpd2011201844006-n1.htm

コメント