大阪・小5自殺、第三者委設置へ

大阪市立小学校5年の女児(当時11歳)が昨年9月、いじめを受けていることを示唆するメモを残して自殺した問題で、大阪市は事実関係を調べる第三者委員会を設置する方針を固めた。弁護士や臨床心理士、教育研究者らに委員を委嘱する

出典
https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20201120-OYO1T50007/

コメント