菅政権で初の実質審議 衆院憲法審 国民投票法改正案、会期内成立は困難

 衆院憲法審査会は19日、菅政権発足後初の自由討議を行った。与党側は国民投票法改正案の早期採決を求めたが、立憲民主党はCM規制の必要性を主張。議論は平行線をたどり、今国会中の改正案成立は困難な情勢となった。

出典
https://mainichi.jp/articles/20201119/k00/00m/010/217000c

コメント