埼玉連続殺人の高田和三郎死刑囚、肺炎で死亡 88歳

 法務省は17日、埼玉県熊谷市で1972年から74年にかけて3人を殺害するなどしたとして、強盗殺人などの罪で死刑が確定した高田和三郎死刑囚(88)が、肺炎のため東京拘置所で死亡したと発表した。

出典
https://mainichi.jp/articles/20201017/k00/00m/040/091000c

コメント