県に送られるはずだった「首里城義援金」414万円、市職員着服

昨年10月に発生した首里城火災の義援金などを着服したとして、沖縄県石垣市は、市民保健部の20歳代男性職員を懲戒免職とした。処分は13日付。市は業務上横領の疑いで刑事告訴を検討している。 市によると、男性職員は昨年5月~

出典
https://www.yomiuri.co.jp/national/20201015-OYT1T50304/

コメント