明浄学院元理事長、21億円申告漏れ 着服全額が個人所得 大阪国税局

 学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)の資金21億円を着服したとして業務上横領罪で起訴された元理事長、大橋美枝子被告(62)について、大阪国税局が横領資金の全額を個人の所得とみなし、21億円の申告漏れを指摘していたことが関係者への取材で判明した。過少申告加算税を含む追徴税額は約11億円とみられる。

出典
https://mainichi.jp/articles/20201015/k00/00m/040/161000c

コメント