河井案里被告の秘書が証言 活動は「票のとりまとめをお願いする意味」

 2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公職選挙法違反に問われた前法相の衆院議員、河井克行被告(57)と、妻で初当選した参院議員、案里被告(46)の公判が3日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれ、案里議員の公設第1秘書の女性が、自身の活動を「票のとりまとめをお願いしたい意味だった」と証

出典
https://mainichi.jp/articles/20200903/k00/00m/040/164000c

コメント