河井前法相夫妻の初公判、検察・被告側双方にある「突っ込みどころ」とは – News&Analysis

昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公職選挙法違反(買収、事前運動)の罪に問われた前法相の衆院議員河井克行被告(57)と、妻の参院議員案里被告(46)の初公判が25日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。両被告はいずれも起訴内容を否認し無罪を主張。公判は100日以内の判決言い渡しを目指す「百日裁判」で審理されるが、12月まで計55回の公判が予定されており、判決の言い渡しは年明けになる見通しだ。

出典
https://diamond.jp/articles/-/246990

コメント