総務省が調査開始 高知・奈半利町のふるさと納税虚偽申告

 ふるさと納税の新制度への参加の可否を判断する国の審査を巡り、高知県奈半利(なはり)町が虚偽の申請書類を提出していた問題で、総務省は虚偽内容や経緯について調査を始めた。制度で定める返礼品の基準からの逸脱などが確認された場合、指定を取り消す可能性もあるという。

出典
https://mainichi.jp/articles/20200512/k00/00m/040/205000c

コメント