「夜間モードだから寝る前のスマホもOK」は間違っている

最近のスマートフォンの多くは、色味を変えてブルーライトを軽減する「夜間モード」を備えている。これは睡眠の改善に効果があるとされているが、本当なのか。スタンフォード大学医学部精神科の西野精治教授は「わたしはブルーライトの光よりも、寝る前にスマホを使うこと自体が睡眠に悪いと考えている。機能を過信しないほうがいい」と指摘する――。

出典
https://president.jp/articles/-/34033

コメント