沢尻エリカ被告「間違いありません」 起訴内容認める 麻薬取締法違反初公判

 自宅で合成麻薬のMDMAやLSDを所持していたとして、麻薬取締法違反に問われた俳優の沢尻エリカ被告(33)の初公判が31日、東京地裁(滝岡俊文裁判官)で始まり、沢尻被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。

出典
https://mainichi.jp/articles/20200131/k00/00m/040/124000c

コメント