ふるさと納税訴訟判決、総務相の裁量を認定 施策や事業の競争求める

 ふるさと納税制度から除外した総務省の決定は違法だとして、大阪府泉佐野市が決定取り消しを求めた訴訟で、大阪高裁は30日の判決で、参加が資格制となったふるさと納税の新制度について総務相の幅広い裁量を認め、違法だとする泉佐野市の主張を退けた。一方で、返礼品競争の中心となった同市の手法については厳しく批判し、制度改正の経緯から「除外は適法」と判断。返礼品ではなく、施策や事業で競争することが制度の趣旨に沿うと判示した。

出典
https://www.sankeibiz.jp/workstyle/news/200130/cpd2001302011005-n1.htm

コメント