植松被告「間違いありません」起訴内容認める 相模原殺傷事件で初公判

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、利用者ら19人を殺害し、26人を負傷させたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた元同園職員の植松聖(さとし)被告(29)は8日、横浜地裁の裁判員裁判(青沼潔裁判長)の初公判で起訴内容に間違いがないか問われ、「ありません」と述べて認めた。弁

出典
https://mainichi.jp/articles/20200108/k00/00m/040/061000c

コメント