整体サービスの割引広告、景表法違反 消費者庁がカラダファクトリーに再発防止命令

 消費者庁は9日、整体サービスの割引に関する宣伝が虚偽で、景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、整体サロン「カラダファクトリー」を約300店展開する「ファクトリージャパングループ」(東京)に再発防止命令を出した。「期間限定」をうたっていたが、期間が過ぎた後も値引きを続けた。

出典
https://mainichi.jp/articles/20191009/k00/00m/020/200000c

コメント