ウクライナ疑惑 トランプ大統領が強気崩さぬ事情 上院の弾劾審議の行方は

 バイデン前米副大統領とバイデン氏の次男を汚職事件で捜査するよう、トランプ米大統領がウクライナ政府に圧力をかけた疑惑で、野党・民主党は来月下旬の大統領の弾劾訴追を目指した動きを加速している。トランプ氏は弾劾審査を「詐欺だ」と批判し、強気の姿勢を崩さない。来年の大統領選を視野に入れた政局も絡みながら、

出典
https://mainichi.jp/articles/20191008/k00/00m/030/137000c

コメント