飛行差し止め退け、賠償額は減額…「嘉手納爆音訴訟」控訴審

 沖縄県の米空軍嘉手納基地(嘉手納町など)の周辺住民約2万2000人が国に対し、米軍機の夜間・早朝の飛行差し止めや損害賠償などを求めた「第3次嘉手納爆音訴訟」の控訴審判決が11日、福岡高裁那覇支部であった。  大久保正道

出典
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190911-OYT1T50257/

YOMIURI ONLINE
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント