諫早干拓、13日に最高裁判決 司法のねじれ解消するか 地元は問題長期化に疲弊

国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、潮受け堤防排水門の開門命令の効力が争われた訴訟の上告審判決が13日、最高裁で言い渡される。「開門」と「非開門」が並立する司法判断のねじれが解消されるかが最大の焦点

出典
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49672700R10C19A9ACYZ00/

コメント