女性が落とした商品券、警察が換金して県会計へ…全額弁償

 大分県警大分南署が、落とし物として届けられた商品券(2万3000円分)を拾った人に返さず、誤って換金したため、県の会計に繰り入れられていたことが分かった。同署は本人に謝罪し、県が全額を弁償する専決処分を行った。  県警

出典
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190911-OYT1T50019/

コメント