香港発着全便が欠航=空港業務、12時間超まひ-改正反対派が座り込み

【香港時事】容疑者の中国移送を可能にする香港の逃亡犯条例改正問題で、改正に反対する市民は12日、香港国際空港で抗議の座り込みを行った。地元メディアなどによると、この影響で、既に搭乗手続きを終えた出発便などを除き、同日中の同空港の発着便はすべて欠航となった。13日朝までには多くの反対派は空港を離れ、航空便の運航が再開されたが、前日の影響で欠航が多い状況が続いている。

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081300218&g=int

コメント