車のナンバープレートに「NULL」を登録した男性が駐車違反で膨大な額の罰金を請求されてしまう

車のナンバープレートには一般的に文字や数字の組みあわせが使われていますが、アメリカでは追加料金を支払うことで、他人とかぶらない好きな文字列をナンバープレートに使用することが可能。この仕組みを利用して、プログラミング言語などで何も示さないことを意味する「NULL」という文字列でナンバープレートを登録した男性が、大量の駐車違反による罰金を請求されてしまったそうです。

出典
https://gigazine.net/news/20190813-license-plate-null-get-tickets/

GIGAZINE
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント