終戦後、孤島に32人の男と1人の女が……「アナタハンの女王」事件に日本中が熱狂するまで

 2004~2007年に雑誌「新潮」に連載された桐野夏生さんの小説「東京島」は、暴風雨で乗っていたクルーザーが大破した女が夫とともに孤島に流れ着く。その後、日本人の若者グループや謎めいた中国人グループが…

出典
https://bunshun.jp/articles/-/13408

コメント