マンガ「DEATH NOTE」の殺人鬼・キラが犯した最大のミスは何なのか、Lの推理を情報科学的に分析するとこうなる

大場つぐみ原作・小畑健作画の漫画「DEATH NOTE」は、名前を書いた人物を確実に殺すことができるデスノートを手にした夜神月と、世界一の名探偵であるLの戦いを描いた作品で、アニメ化・実写映画化・ドラマ化と展開するほどの人気作品です。そんなDEATH NOTEの第一部で、「キラ」を名乗って殺人を重ねる夜神月がどういったミスでLに追い詰められてしまったのかを、フリーライターのGwern Branwen氏が情報科学の見地から分析を行っています。

出典
https://gigazine.net/news/20190812-death-note-anonymity-entropy/

GIGAZINE
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント