中央道土砂崩れ 被告2人追送検 業過傷害容疑

 岐阜県瑞浪市の中央自動車道で昨年8月、走行中の車7台が巻き込まれ6人が重軽傷を負った土砂崩れで、岐阜県警は28日、うち4人に対する業務上過失傷害容疑で、窯業原材料メーカー「丸釜釜戸陶料」(瑞浪市)会長の水野辰英被告(66)、常務の若尾憲治被告(69)=いずれも廃棄物処理法違反(不法投棄)の罪で公判

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181129/k00/00m/040/156000c

コメント