自殺の3割、学校把握できず 死亡原因など

 警察庁が2017年度までの4年間に自殺と判断した全国の小中高校の児童・生徒1337人のうち、3割にあたる395人について学校が死亡原因を把握できていなかったことが、文部科学省の調査で明らかになった。詳しい理由は不明だが、遺族が学校に「病死」や「事故死」と伝えるケースがあるとみられる。専門家は「遺族

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181124/k00/00m/040/058000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント