ゴーン容疑者、メールで報酬偽装指示か

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕された事件で、ゴーン前会長が、共に逮捕された前代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)に役員報酬の過少記載を指示する内容のメールを送っていた疑いがあることが判明した。関係者が取材に明らかにし

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181124/k00/00m/020/088000c

コメント