【道標】原油の安定供給へ総合戦略が必要 サウジ「9・11」以来の国難、日本政府の対応は

 サウジアラビア人記者殺害事件で、トランプ米政権は同盟国サウジの高官ら17人に制裁を科した。ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が殺害を命じたとする中央情報局(CIA)の内部分析が報じられ、欧州諸国も制裁を検討している。サウジは実行犯の大半が自国民だった2001年9月11日の米中枢同時テロ以来の国難に見舞われている。

出典
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/181123/mca1811230500003-n1.htm

SankeiBiz
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント