米国での女性器切除、連邦法での起訴は「権限逸脱」 米連邦地裁

【11月22日 AFP】米ミシガン州の連邦地方裁判所は20日、少女9人に女性器切除(FGM、女子割礼)を行ったのは連邦法違反だとして起訴されたミシガン州の医師の裁判で、FGMの禁止は州法で取り締まるべき違法行為であり、米連邦議会が禁止したのは権限の逸脱だとして、公訴の一部を棄却した。

出典
http://www.afpbb.com/articles/-/3198778

AFPBB News
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント