李首相が対応取りまとめへ=慰安婦財団10億円処理で韓国大統領府

 【ソウル時事】韓国大統領府の金宜謙報道官は22日の記者会見で、日本政府が慰安婦合意に基づき「和解・癒やし財団」に拠出した10億円の処理などに関し、「現在、この問題は首相室が中心となって対策を論議している」と述べ、李洛淵首相が対応を取りまとめていることを明らかにした。 最高裁が徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた問題に続き、10億円の処理についても、知日派の李首相に対応を委ねた形だ。 金報道官は、韓国人記者が「財団解散決定に関し、日本政府が強く反発しているが、韓国政府の立場と10億円問題解決の方向

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112200509&g=pol

コメント