書類持ち帰った事務官を懲戒処分 大阪地検

検察庁で保管すべき書類を自宅に持ち帰っていたとして、大阪地検は22日、50代の男性検察事務官を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。事務官は「仕事の遅れが周…

出典
https://www.sankei.com/west/news/181122/wst1811220033-n1.html

コメント