政府抗議、合意履行求める=対北朝鮮連携は維持-慰安婦財団解散

 韓国政府が、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意に基づき設立した「和解・癒やし財団」の解散を発表したのを受け、日本政府は韓国側に抗議し、合意の着実な履行を要求した。ただ、北朝鮮問題に対処する上で日韓、日米韓の連携は維持したい考えで、当面は対抗手段は用いず、韓国側の出方を見守る構えだ。慰安婦財団解散を決定=日韓の対立深刻化-10億円の扱い協議か 安倍晋三首相は21日、財団の解散発表について「国際約束が守られないのであれば、国と国との関係が成り立たなくなる」と批判した。これに先立ち、秋葉剛男外務

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112101149&g=pol

コメント