強盗殺人と死体遺棄の19歳に懲役18年判決

 名古屋市西区のパート従業員、野田みゆきさん(当時53歳)を殺害したとして、強盗殺人と死体遺棄の罪に問われた元アルバイトの少年(19)の裁判員裁判で、名古屋地裁(吉井隆平裁判長)は22日、懲役18年(求刑・懲役20年)の判決を言い渡した。「被害者に15カ所の骨折を負わせるなど残虐かつ凶悪。結果の重大

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181123/k00/00m/040/136000c

コメント