ゴーン支配終幕 独裁「自分で決められぬ会社に」

 日産自動車は22日に開いた臨時取締役会で、カルロス・ゴーン容疑者の会長職と代表取締役の解任を決め、1999年に最高執行責任者(COO)に就任して以来、19年間にわたる「ゴーン支配」が事実上終わった。自らの不正で晩節を汚し、経営の一線を去る「カリスマ経営者」が残した功罪は大きい。【和田憲二、大久保昂

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181123/k00/00m/020/114000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント