ゴーン体制と決別、臨時取締役会で会長職解任へ

 日産自動車は22日午後、臨時取締役会を開き、金融商品取引法違反容疑で逮捕された代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の代表取締役と会長職の解任を決める。約19年間にわたる「ゴーン体制」と決別し、企業統治の改善を【経済】

出典
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181122-OYT1T50034.html

コメント