集計ミス、受け入れ人数根拠など野党に材料

 政府・与党が今国会の最重要法案と位置付ける入管法改正案の本格的な審議が始まる。しかし、法務省による失踪した技能実習生への聞き取り調査の集計ミスや、各省庁が明らかにした業種ごとの受け入れ見込み人数の算定根拠などを巡り、改正案に反対する野党はさらに反発を強めている。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181121/k00/00m/010/176000c

コメント