車いす試飲中止訴訟、百貨店側争う姿勢

 車いす利用者であることを理由にワインの試飲を途中でやめさせられたのは、障害者差別解消法が禁じる不当な差別にあたるなどとして、50代男性が百貨店とテナントに170万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が21日、東京地裁であった。百貨店側は試飲拒否について、過去に試飲した電動車いす利用者が他の客と

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181122/k00/00m/040/107000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント