調布の小型機墜落、死亡機長ら書類送検

 2015年7月に東京都調布市で小型プロペラ機が墜落し住民を含む8人が死傷した事故で、警視庁捜査1課は21日、機体を管理していた「日本エアロテック」(同市)の小山純二社長(65)と、事故で死亡した川村泰史機長(当時36歳)を業務上過失致死傷容疑で書類送検した。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181122/k00/00m/040/105000c

コメント