日産株価は一進一退、三菱自は今年最安値更新

 21日の東京株式市場で、日産自動車の株価は前日終値を挟んだ一進一退となった。終値は前日比3円40銭(0・4%)高の954円10銭。三菱自動車は一時上昇したが、取引終盤は売り注文が優勢となり、終値は7円(1・0%)安の673円で今年の最安値を更新した。両社の会長を務めるカルロス・ゴーン容疑者の逮捕が経営に及ぼす影響を見極めようと、神経質な値動きが続いた。

出典
https://www.sankeibiz.jp/business/news/181121/bsa1811212135012-n1.htm

SankeiBiz
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

日産株価は一進一退、三菱自は今年最安値更新

21日の東京株式市場で、日産自動車の株価は前日終値を挟んだ一進一退となった。終値は前日比3円40銭(0・4%)高の954円10銭。三菱自動車は一時上昇したが、取…

出典
https://www.sankei.com/economy/news/181121/ecn1811210034-n1.html

コメント