同僚に睡眠導入剤、元准看護師に懲役30年求刑

 千葉県印西市の老人ホームで昨年起きた睡眠導入剤混入事件で、殺人と殺人未遂、傷害罪に問われた同施設の元准看護師、波田野愛子被告(72)(印西市)の裁判員裁判の公判が21日、千葉地裁(坂田威一郎裁判長)であり、検察側は懲役【社会】

出典
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181121-OYT1T50039.html

コメント