刺し傷10カ所 母「交互に刺した」

 東広島市の民家で19日、5歳と3歳の男児が母親に刃物で刺され死亡した事件で、男児の体にそれぞれ約10カ所の刺し傷があったことが捜査関係者への取材で分かった。母親の無職、岩永良子容疑者(31)=殺人未遂容疑で現行犯逮捕=は「2人を交互に刺した」と供述しており、広島県警は殺人容疑に切り替え動機を慎重に

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181121/k00/00m/040/177000c

コメント