中国でも関心「改革者も欲に勝てず」

 【北京・赤間清広】日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕は、世界最大の自動車市場である中国でも高い関心を集めている。地場メーカーの台頭や新車販売の不調で中国市場の競争環境が厳しさを増す中、一連の問題が長引き日産ブランドに傷がつけば、同社の中国戦略にも影響が出る恐れがある。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181122/k00/00m/030/085000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント