マレーシア拠点の犯罪組織が日本標的に

 偽造クレジットカードでブランド品などが不正購入される事件が後を絶たない。特に最近は、観光名目で来日したマレーシア人らによる犯行が全国的に目立つ。岡山でも昨年以降、5人が逮捕されている。日本は偽造カードへの対策が遅れており、マレーシアを拠点とする犯罪組織の「ターゲット」になっている可能性がある。【益

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181121/k00/00m/040/189000c

毎日新聞
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント