母国ブラジルでも衝撃=立志伝中人物に傷-日産ゴーン会長

 【サンパウロ時事】日産自動車のカルロス・ゴーン会長は母国ブラジルで立志伝中の人物であるだけに、逮捕は大きな衝撃をもって受け止められた。地元各メディアは19日、一斉に大きく報道。仏自動車大手ルノーと日産、三菱自動車の3社連合の行方を案じた。【関連ニュース】カルロス・ゴーン氏逮捕 グロボ紙は「絶大な力を持つゴーン氏は、ビジネス界での成功を象徴する存在と考えられていた」と指摘し、失墜を嘆いた。エスタド・デ・サンパウロ紙は「日産を倒産の危機から救ったゴーン氏の功績に大きな傷が付いた」と強調した。 一方

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112000319&g=soc

コメント