日産、企業統治見直しへ=西川社長「1人に権限集中」

 日産自動車の西川広人社長は19日の記者会見で、カルロス・ゴーン容疑者の不正が長年にわたって続いていた背景について「あまりにも1人に権限が集中していた」と述べた。企業統治の在り方を見直すとともに、社外取締役や外部専門家による委員会を立ち上げて問題点を洗い出す方針だ。【関連ニュース】カルロス・ゴーン氏逮捕 ゴーン容疑者は日産、三菱自動車、仏自動車大手ルノーの3社の会長を務めている。2000~17年まで日産社長の職にあり、05年からはルノーの最高経営責任者(CEO)も兼務。ルノーは日産株式の43%を

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112000040&g=soc

コメント