強大権力で不正継続か=ゴーン容疑者、側近と2人-日産の巨額虚偽記載・東京地検

 日産自動車(横浜市)の会長カルロス・ゴーン容疑者(64)らが金融商品取引法違反容疑で逮捕された役員報酬の虚偽記載事件で、ゴーン容疑者らが同社内で有していた強大な権力を利用し、長年にわたって不正の発覚を免れていた疑いがあることが20日、関係者への取材で分かった。共犯として逮捕された代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)はゴーン容疑者の側近だったという。 不正は内部通報で発覚。東京地検特捜部は同社本社の家宅捜索で押収した資料や、捜査協力で入手した関係証拠の分析を進め、巨額不正の手口などの解明を

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112000161&g=soc

コメント