岡山で影響懸念 三菱自関係者、将来不安

 日産自動車とルノー(フランス)、三菱自動車で会長を務めるカルロス・ゴーン容疑者(64)が金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。岡山県内には三菱自の国内主力工場・水島製作所(倉敷市)があり、関連の部品メーカーも集まる。関係者からは、経営トップの逮捕がもたらす影響を懸念する声が漏れた。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181121/k00/00m/020/061000c

コメント